--

--.--

« スポンサーサイト »

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2010

06.27

« 主夫のお休みタイム♪ »

「ふう…。」
時計は16時を回っていた。
洗濯物OK、風呂洗いOK、掃除OK…夕食の用意…まだ良い。
僕はソファーにもたれかかり、コーヒーを飲んで一息つく。
詞は仕事、つばさは学校と部活で忙しい
この時間が至福の時だ。
テレビでは夕方のワイドショーをやっている。
「あ、そうだ夕飯のメニュー何にしようかな?」
唐揚げか?いや、親子丼でもいいかな?
うーん難しいな…。
あれ、確か玉ねぎなかったっけ?
じゃあ、唐揚げか。
それと、みそ汁とサラダ…。それでいいかな。
さっきからワイドショーはいつものことながら有名人の結婚離婚、スキャンダルとか僕らの生活には全く関係のないことばかりを報道してはスタジオのお偉方があーだこーだ話している。
嫌気がさしてチャンネルを変える。
変えたチャンネルでは最近始まった放送の再放送が始まっている。まあ、そのドラマも前評判が相当悪くその評判通り視聴率が低空飛行していた。
そんなドラマを見る気がないのでまた変える。
さて、次は…。どうやらスポーツ特集をやっているようだった。
「期待の高校生ランナー橘 つばささんです」
ブーッ!
思わず飲んでいたコーヒーを吹いてしまった。
確かにつばさは高校新記録を出したが自分の中ではそこまでは特集されるとは思っていなかった。
しかも、つばさが高校にテレビが来たなんて全く言わなかったから予想さえしなかった。
急いで録画ボタンを押して録画をする。
これは永久保存だな。
DVDに保存して、1枚じゃ不安だから3枚くらい…。いや5枚は…。
こうした一連の動きを傍から見たらおそらくは「親バカ」だといわれるんだろうな
そんなことは気にしない。だって自分の娘なんだから過保護だっていいじゃん。
詞に電話…。あ、仕事中か。
つばさも…学校だ。
仕方なくメールを送ることにした。

放送が終わり、急いで外出の準備をする。
さすがに全国ネットで映ってるんだから何かお祝いしないとな…。
スリッパのまま近所のスーパーに急いで向かう。
エントランスを出たあたりで急に携帯が鳴る。
液晶には「棚町 薫」という文字が…。
「もしもし」
「すごいじゃーん!」
とブブゼラ並の騒音が聞こえる。
いったいこの女(ひと)はどこからこんな音が出せるのかと思う。
「薫か…。心臓止まるかと思ったよ…。」
少し間をおいて
「つばさちゃん、テレビに出てんじゃん!?」
「ああ、その話か。」
「なんで教えてくれなかったのよ。テレビに出ること。」
「いや…。実際僕も知らなかったんだよ」
「あれ、まさか嫌われてる?」
「そんなことはない!」
一応自身はないが否定はしておく。
最近オヤジ臭いとかは言われてるが…。
「まあ、その自信がいつまで続くか楽しみだわ…」
「くっ」
「で、なんでだと思うの?」
「いや、つばさああいうのを一番嫌うんだよ。人に注目されるのが…」
「ふーん」
「まあ、そういうことだな」
「正月はこっちに連れてきなさいよ。私たちのヒーローなんだから」
「一応、連れてくるようには言うけどわかんないよ。あとちなみにヒーローじゃないだろ、たぶんヒロインだ」
「まあ、細かいところわきにしないで」
「あと、今のうちにサイン頂戴ね。」
「え!?」
「ふふふ、価値が上がるからね」
「なんか言った?」
「いやなんでも」
電話のむこうから棚町さーんと呼ぶ声がする。
「じゃあ、だれか呼んでるから」
「じゃあ」
そう言って話しているうちにスーパーの前に着く、
今日の晩飯はないがいいかな。
何しようかな。
また携帯が鳴る
2件同時だ。
まあ、もちろん誰からかは分かっている。
一件目は詞から
「え!?そうなの?驚いた。帰ったら録画してあるもの見るね。今日は早く帰ります。」
二件目は話題の渦中から
「よく見つけたね。それに驚きだわ。これからも陸上に頑張っていきますので応援よろしく!あと晩御飯はすき焼きで!」
ふたりとも短い文章ながら重要なことをしっかりと挟んでくる
じゃあ、すき焼きにするかな。
ああ、財布大丈夫かな…。
そんな主夫のお休みタイムであったとさ…。


というわけで、終了。
生存確認という意味合いの強いこの作品は、一か月前に大体は完成していたもののお蔵入りしていた作品を構成しなおして投稿しました。

橘さんはきっと親バカになるんだろうな…。
と思って書きました。
スポンサーサイト

アマガミSSトラックバック(0)  コメント(3) 

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。